ウォシュレットトイレから水漏れが起きたら

ウォシュレット 水漏れトラブルは、水を貯めておくタンクや用を足す便器以外にも、ウォシュレットそのものから水漏れトラブルが起きます。トイレの水漏れトラブルはトイレ内のどこでも起こりうる可能性があると考えておくと良いでしょう。

■一番大事なことは安全を確認すること

ウォシュレットトイレで水漏れが起きたとき、なぜ安全を確認する必要があるのかというと、ウォシュレットトイレは電気を使って作動しているためです。どこから水が漏れているのか探そうと慌ててしまう方も多いですが、先にやるべきことは水道の元栓を閉める、もしくは止水栓を閉めるなど、水の流れを止めることです。水が漏れ続けているとそれだけ水道料金もかさむため大変になります。
そして次に大事なことが電源を切ることです。ウォシュレットは電化製品なので、電源にコードをつなぐことによって作動します。感電したり火事が起こらないようにコンセントから電源を抜くことも忘れてはなりません。

■どこから水が漏れているのか確認する

水の流れを止めて、電源を切ってから水漏れ箇所を突き止めます。ただし、ウォシュレットは通常のトイレに比べて複雑なつくりをしているので、原因を突き止めるのが難しいこともあります。一般的にウォシュレット 水漏れが起こりやすいのが元栓や止水栓からで、ポタポタ漏れたり、給水ホースの接続部分から水がしたたり落ちる事態も発生します。また、ウォシュレットのノズルや操作パネルから水が滲むトラブルも珍しくありません。



■まとめ
ウォシュレットは電気を使って動かすタイプなので、素人が勝手に直せるものではありません。感電する恐れもありますから、ウォシュレットで水漏れトラブルが起きたときは先に水を止めて、状況を確認するためにどこから水が漏れているのか探してから専門業者に状況を説明しましょう。もちろん、どこから漏れているか分からない場合は無理をして探す必要はありません。水漏れ箇所が分からないとそのまま伝えても大丈夫です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ