トイレの水漏れトラブルはリフォームを考える時期かもしれない

トイレの水漏れが劣化によるものだとしたら、修理では直せず交換が必要になることもあります。このタイミングでトイレリフォームを検討するご家庭は多く存在します。そこで助成金や補助金に関するお役立つ情報を知っておくと役立つでしょう。

■介護保険を利用する方法がある

障害者や高齢者のために自宅で介護をする家庭も増えています。そんなときトイレの使い勝手が良くなると、介護する側もされる側も快適に過ごすことができます。この場合、バリアフリーリフォームを行うことになるので、介護保険を使うと20万円分が支給される制度が用意されています。
この制度は工事費の1割は依頼主が払う必要があるので、もしも工事費に20万円かかった場合は依頼主が2万円、残りの18万円が補助される流れになります。


■介護によるトイレリフォームは自治体に相談しよう

各自治体によって、高齢者障害者住宅改修費支援制度を用意しているところがあります。それぞれの自治体で制度の内容が異なるため、お住まいになっている自治体に問い合わせてみることが必要です。各自治体が独自で行っている制度で、介護保険と併用できる可能性もあるため、事前に確認をしておくようにしましょう。
このとき一つ注意点があります。それは、リフォーム業者にリフォームを依頼する前に自治体に問い合わせることです。自治体によってあらかじめリフォーム業者が指定されていることがあるため、指定外の業者に依頼すると補助が受けられない可能性があるのです。


■まとめ
劣化が原因でトイレの水漏れが起きると、修理だけでは直すのが難しいケースがあります。なぜなら、トイレ全体が老朽化している可能性があるためです。特に介護は毎日のことですから、トイレ空間を快適にすれば毎日の暮らしが明るくなることでしょう。介助しやすい環境、されやすい環境をこの機会に整えてみてはいかがでしょうか。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ