トイレの水漏れトラブルでリフォームを考えるなら

トイレで水漏れトラブルが起きたのをきっかけにリフォームを検討する場合、これだけは知っておいた方がいいという注意点がいくつかあります。トイレリフォームに関するおすすめポイントも併せて確認しましょう。

■リフォーム前に知っておきたい注意点について

実際に依頼してから失敗したとならないために、トイレの広さをチェックしておきましょう。カタログなどを見て理想のトイレを見つけても、その便器本体が大きすぎて狭いトイレに入れたらギリギリになってしまうと大変です。もしもそこに手すりを付けるとなればさらに狭くなってしまいます。トイレのたびに窮屈さを感じるだけでなく、掃除をするのも大変です。
また、マンションやアパートなどの集合住宅の場合は、それぞれの建物ごとに排水方式が異なります。取り換えられる便器本体が限られているので、リフォームを依頼する前に事前確認をすることが大切です。

■知っておきたいおすすめポイント

トイレ本体を取り換えるリフォームを考えるなら、本体だけでなくトイレ内の壁紙や床、照明、収納なども一緒にリフォームすることをおすすめします。特に壁紙や床は長い月日が経っていると汚れや臭いが染みついている可能性があります。そこでおすすめなのが消臭機能のある素材を選ぶことです。臭いの悩みも解消されますし、お掃除も楽になるでしょう。
また、引き戸にするのもおすすめです。万が一、トイレの中で誰かが倒れてしまったときでも引き戸ならすぐに助けられますし、高齢者や体が不自由な方にとっても引き戸は扉を開けやすくなるのでぜひ検討してみてください。

■まとめ
水漏れなどのトラブルがきっかけでトイレリフォームを考える場合、どのような快適空間にしたらいいかなど考えることがたくさんあります。トイレの広さを意識しておかなければ使いづらくなってしまうことも考えられます。リフォームを考える場合は、様々な観点から業者のアドバイスを受けることがおすすめです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ